診察を受けている女性

性病検査を「病院、保健所、性病検査キット」でする際のメリット・デメリットとは

 

性病検査というのは、自宅で実施することもできますが、病院や保健所に行って性病検査を受けることもできます。今回は、病院や保健所などの施設を使って検査をする際の知識を教えたいと思います。

保健所で性病検査を受けるメリット・デメリット

お金がない方や、性病検査にお金をかけたくない方にお勧めするのが保健所での性病検査です。保健所で性病検査をすると、原則として無料で受けることができます。そして、名前を知られたくない方もいるでしょう。匿名で受診することができるので、プライバシーも守られるのです。

その反面、デメリットも存在するのですが、検査項目が少ないのです。検査で分かる病名を具体的に記述しておきます。

・クラミジア

・淋菌

・HIV

・梅毒

これらの病気が保健所の性病検査でチェックすることができます。検査方法なのですが、採尿や採血でチェックするためクラミジアが喉に感染していた場合は、発見することができないのです。

無料で行われているデメリットとして、日付を限定することができないというのがあります。基本的には1週間~2週間の期間に1回程しか実施しておりません。他にも、検査を実施できる人数が決まっていたり、土日に検査が行われるところだったり、制限が色々とあるのです。詳しいことは、近くの保健所に問い合わせてしっかりと聞いてみましょう。

性病検査を病院で受ける場合のメリット・デメリット

性病検査を病院で受けるメリットですが、保健所のように、検査を実施する人数や実施日を限定しているということが病院にはないので、色々と深くチェックしたいことがあるというのであれば、病院で受けてみるのも良いかもしれません。

病院で性病検査を受ける場合、先程記述したようなメリットばかりではありません。まず保健所のように性病検査を無料で受けることができません。病院で受ける場合は、これらの料金がかかります。

・検査費用

・診察代

・初めての診断であれば、初診料

このように、病院に行けば様々な費用が重なります。何か症状がでていれば、保険適用することができますが、症状がでていない場合、保険適用することができません。その場合、かなりお金がかかってしまうので注意が必要です

その代わりに病院は、保健所で性病検査を受けるよりも自由度が高いので、あなたの状況に合わせて検査をしてみると良いかもしれませんね。

性病検査キットで検査をする場合のメリット・デメリット

メリットとしては、匿名でうけられる。時間、場所を選びません。自宅で自分でできるからです。

親ばれなど人にばれません。病院にいったところを見られた、保険所の医療通知で親に性病だったことがばれた、なんて心配はありません。

料金もネット上に書いてあるので明朗会計です。

デメリットとしては性病だった場合にすぐに薬をもらえない可能性があります。

 

 

若い人から指示を受けていて、簡単にだれでも検査ができる性病検査キット。

その選び方をお教えします。

女性がチェックしているイラスト

すぐ分かる!行為別の「性病検査キット」の選び方とは?

保健所や病院にいけば性病検査をしてもらえるものの、一目が気になって行けない人がたくさんいます。そんな人たちの強い味方なのが、自宅でできる「性病検査キット」。今回は、「女性の行為別」に必要な検査項目をお伝えします!

 

素股をした、セックスでペニスを挿入された

素股もペニスを挿入する行為と変わらず、性感染症に感染する可能性があります。素股ではコンドームをつけないことが多いため、性感染症のリスクが高い行為です。膣とペニスとの接触感染や、精液を含めた分泌液からの感染の可能性があります。

検査項目

・膣分泌液検査:クラミジア、淋菌

・血液検査:HIV、梅毒、B型肝炎

検査可能期間:感染の可能性があった日から3ヶ月後

 

さらに、毛の周りや外陰部に強いかゆみがある場合、寄生虫、原虫の検査も追加しましょう。

・毛じらみ

・トリコモナス

 

フェラチオ・クンニリングスをした

ペニスの粘膜や精液に含まれる細菌やウイルスが、のどや口の粘膜にも感染する可能性があります。クンニリングス(ヴァギナを口や舌で愛撫する行為)も同様です。

検査項目

・のどうがい液:クラミジア、淋菌

検査可能期間:感染の可能性があった日から数日後

 

上記以外の可能性がある性感染症

・梅毒、性器ヘルペス

唾液や精液に含まれたHIVから感染する可能性は非常に低いのですが、口の中の傷口から侵入した場合には感染することがあります。

(小タイトル)クンニリングスをされた

パートナーの口や舌の粘膜にある細菌やウイルスが、クンニリングスにより感染する可能性があります。

 

検査項目

・血液検査: 梅毒

検査可能期間:感染の可能性があった日から3ヶ月後

 

上記以外の可能性がある性感染症

・性器ヘルペス

 

アナルセックスをした

アナルセックス(ペニスを肛門へ挿入する行為)では、直腸の粘膜が傷つくことが多く、傷口から細菌やウイルスが侵入して感染します。膣を介したセックスよりも感染率が高くなります。

 

・血液検査:HIV、梅毒、B型肝炎

検査可能期間:感染の可能性があった日から3ヶ月後

 

上記以外の可能性がある性感染症

・性器ヘルペス、クラミジア、淋菌、赤痢アメーバなど

クラミジアは口粘膜よりものどの粘膜に感染するため、クンニリングスを介しての感染は低いです。

 

全ての行為をした

あらゆる性感染症の可能性がありますが、性感染症キットを使った検査は以下になります。

 

検査項目

・膣分泌液検査:クラミジア、淋菌

・血液検査:HIV、梅毒、B型肝炎

検査可能期間:感染の可能性があった日から3ヶ月後

・のどうがい液:クラミジア、淋菌

検査可能期間:感染の可能性があった日から数日後

 

さらに、毛の周りや外陰部に強いかゆみがある場合、寄生虫、原虫の検査も追加しましょう。

・毛じらみ

・トリコモナス