性病はどうしてなるの?

女性にとって性病はとても大きな問題です。もしかかってしまったって思っても誰にも相談できないことありますよね…
でもやっぱり未然に防ぎたいですよね?今回はなぜ性病にかかってしまうのかについてまとめました。

まずは素股をしたことも可能性の一つです。挿入してない場合でも性器と性器が触れ合うことでも感染の可能性は十分にあります。

他にはオーラルセックスをした場合があります。オーラルセックスとは相手の性器を口や舌で触れ合った行為です。
口の中の粘膜によって感染します。特に構口内に傷がある場合感染のリスクなどが多いのでちゃんと相手の体のことを先に聞いてみた方がいいですね!

また相手の肛門を舐めた場合は、便に含まれる菌が感染することもあります。肛門などに傷があり出血している場合は、その血液からも感染します。

次は、キスをした場合についてです。
キスは恋人との間で愛情を確かめあえる素敵な行為ですよね!でも相手によっては感染する恐れもあるので気を付けましょう。
相手に梅毒や唇ヘルスなどの症状がある場合は、キスだけでも感染するリスクがあります。
HIVは垂液では感染しませんが、相手の口内に出血があり自分の口内に傷があった場合感染するリスクがあります。

次は、オナニーについてです。
オナニー・マスターベーションによって性感染症に感染することは、ありません。ただし手から雑菌が性器に入ることで、炎症などをおこすリスクがあります。

相手に梅毒・性器ヘルペルスなどの症状がある場合

患者と自分の粘膜、傷口などが触れ合うことによって感染するリスクがあります。
また隂毛同士の接触でケラジオが感染する場合があります。
病院で働かれてる方々もきになる患者さんとの病気の感染についてですが、患者に触れたり衣類などから感染する場合もありますが性行為で感染することは減っているようです。

性病とは、おもに性行為をして感染する病気のことを指します。最近では性感染症・STDと呼ばれることが多いいかもしれません。
あまり知られていませんが性感染症には様々な種類があります。
激しい痛み・自覚症状があるものもあれば、クラミジアやエイズなど自覚症状の出にくいものがあります。
気づいていないうちに性病にかかっていたってことが実は結構あるんです。
それぞれ対処方法が違いますが、早いうちに発見することが大切です。おかしいなと思ったらすぐに検査をうけることを心がけましょう。また性感染症に感染しずらい安全なセックスを心がけましょう。まずは先に相手に病気があるかないかを聞くことが先決です。